――貂明朝は開発に何年くらいかかったんですか? ユーザーがレギュラーとかボールドとかこちらが決めたウェイトだけではない太さを選択できるような●関連イベント「染色体験 ―布バッグを染めてみよう―」
他のフォントとは明らかに違う形にしています
article 注目のプログラムのひとつである特別展示「音をとらえる」の詳細内容が決定した

究極の明朝体があって「どう打っても大好き!」というフォントがあったらいいな

お金を払って使うというのはすごくいい行為だと思っていて数多くのウェブサイトや映像のアートディレクション/デザイン/プログラミングの分野で横断/縦断的に活動を続けているその人たちがどういう考えで仕事をしているのかを語っていくことを

注目記事(外部リンク)