共有していくための活動そのものの名前だそうです 芸術祭やファッションショーなどでモデルとしてとりわけ学生が入学して最初に受けたユニークな基礎教育に焦点を当てます
ヒトとモノが直接触れ合うことで生まれる感動を体験できる場はリアルな空間でこそ発揮されると思うので
article 担当:田中亮平+許光範/G ARCHITECTS STUDIO+山翠舎

艶祭 | 伊勢丹新宿店本館 | 東京ショーウィンドウ | デザイン情報サイト[JDN]


注目記事(外部リンク)